3人に1人!?ぢの症状と種類

3つの症状

皆さんは【ぢ】と聞くと、肛門から血が出て激しい痛みを感じる病気というイメージがあると思いますが、実は血が出たり、痛みを感じないぢもあります。
ぢという病気は一口にまとめられず、さまざまな症状や種類があるのです。

【ぢ】という病気は日本人の3人に1人が患っていると言われおり、まさに生活習慣病の代表的な症状の1つなのです。
なので皆さんにもっとこの【ぢ】という病気について知ってもらいたいと思います。

ぢには大きく分けて3つの症状があります。
いぼ痔、切れ痔、痔ろうの3つです。
特に多い症状がいぼ痔であり、男女とも一位です。
そして二位は男性は痔ろう、女性は切れ痔という結果がありました。

まずいぼ痔ですが、これには内痔核という肛門の内部にできる症状と、外痔核という肛門の外側にできる症状の2つあります。
内痔核を患った場合痛みは感じませんが、外痔核の場合痛みを感じます。
痛みの位置などでおおよそどの部分に痔ができているのか分かります。

そして歯状線にある凹みに細菌が入り込み、感染して化膿した膿が別のところにトンネルを作って貫通した症状が痔ろうになります。

硬くなった便を無理に排便しようとして肛門が切れてたり、裂けたりした場合は切れ痔と言います。

what's new

2013/04/18
妊娠・出産を更新。
2013/04/18
痔ろうについてを更新。
2013/04/18
切れ痔の治療を更新。
2013/04/18
いぼ痔の治療を更新。
2013/04/18
トップページを更新。